ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.26

35mmフィルムワークショップ開催しました!

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

BACK NUMBER

Date:2012.10.27

えいがのみかた#7「KAVC みーつ ELEMI〜コマ撮りアニメ制作集団SOVAT THEATERのお仕事展〜」トークイベントを開催しました!


現在開催中の、えいがのみかた#7「KAVC みーつ ELEMI〜コマ撮りアニメ制作集団SOVAT THEATERのお仕事展〜」。10/27(土)には、監督の中田秀人さんが来場され、メイキングトークイベントを開催しました。

ご来場の皆様にはまず、映画「電信柱エレミの恋」をご覧頂き、その後、監督自ら解説つきでメイキング映像をご覧いただきました。

監督は、造形物が何の素材で出来ているか、また、どのようにしたら自然な動きに見えるかなど、細かなところまで解説。完成した映像を見るだけではわからない、作り手のこだわりや苦労、工夫が感じられるメイキング映像に、驚きと感動の声があがっていました。

さらに質疑応答では、作品の内容から中田監督が影響の受けたこと、またソバットシアターについてなど、いろんな質問が会場から飛び出し、それに丁寧に答える監督のお話を、みなさん熱心にきいていました。

イベント後には展示会場前で即席サイン会もあり、ご来場の皆様はソバットシアターの魅力を存分に感じていただけたのではないでしょうか。

翌28日(日)には、ソバットシアター造形作品を担当されている細井さん、松尾さんがワークショップを開催します。
ソバットシアターの細やかな手仕事をお手本に、コマ撮りアニメに使われるお人形がどのようにしてつくられるのか、実際に体験できる機会となっています。

いよいよ特別上映、展示は明日まで!みなさまのお越しをお待ちしております。この機会をお見逃し無く!


イベント終了後、即席サイン会の様子

Date:2012.10.22

10/21(日)「生き抜く」井本里士プロデューサーの舞台挨拶が行われました!

10/21(日)映画「生き抜く」上映終了後、井本プロデューサーによる、舞台挨拶が行われました。
阪神淡路大震災を乗り越えてきた神戸での上映を、とても感慨深げなご様子でした。

東日本大震災が発生してすぐ、取材クルーとして現地に向かった井本プロデューサー。
何班にも分けて向かった中で、交通の状況などにより、井本さんが乗った班を含むごくわずかな取材班しか現地に到着できなかったようです。

しかも、気がつけばみんな南三陸町へ。このことがきっかけとなり、この地にご縁を感じ、一年にわたって取材を続ける思いへと繋がったそうです。

最近では東日本大震災関連のお話も、一時期に比べれば減ってしまったように感じるという井本さん。
でも、現地では今でもさまざまな思いで暮らしている方々がいます。そんな現状をより多くの人に伝えていきたいととおっしゃっていました。

終了後は快くサイン会にも応じてくださり、ご来場の皆様と感想などお話しされていました。

ご来場くださいましたお客様、井本プロデューサー、ありがとうございました!

Date:2012.10.13

10/13(土)「くそガキの告白」鈴木監督と、北山ひろしさんがご来場されました!

映画「くそガキの告白」公開初日、鈴木監督と劇中にてプロデューサー役の北山ひろしさんが舞台挨拶に来てくださいました。

出演されている北山さんもお越しとあって、お二人は制作現場でのエピソードなどもお話ししてくださいました。
監督が主演の今野さんと演出のやりとりをした結果、北山さんが困ってしまったことがあったお話には会場に笑いが起きていました。

舞台挨拶後にはサイン会が行われ、ご来場のみなさまからの感想や質問に答えながらの、和気藹々とした交流会となりました。

映画制作を学ぶ学校を卒業後、助監督として映画制作の現場に携わってきた鈴木監督。そんな監督の実体験を反映させた自伝的ストーリーである今回の作品。見る人を楽しませる小ネタも存分にちりばめられています。
神戸アートビレッジセンターでは、10月19日まで上映しております。

Date:2012.10.13

10/13(土)「グレートラビットと世界のアニメーション傑作選」和田淳さんが来場されました!

本日10/13(土)から上映がはじまりました「グレートラビットと世界のアニメーション傑作選」にて、和田淳さんによる舞台挨拶が行われました。

兵庫県出身である和田さんは、今回の上映作品である「グレートラビット」で今年のベルリン国際映画祭銀熊賞を見事受賞し、この神戸上映がまさに凱旋上映となりました。

常に気持ちいい動きをテーマに、何度でも見返したくなる作品を目指して制作されているそうです。
そのため、作品の中には動画枚数の多さや細かい作業がかいま見えます。

今回は和田さんの全作品を上映するプログラムもあり、和田さんはアニメーション制作初期の作品にはまだ不慣れな箇所もあるかも、とおっしゃっていましたが、ご覧になった方は初期と近年の作品を見比べてみたりして、それも独特の味となって楽しめたのではないでしょうか。

世界の近年注目される作家達の作品が一同にかいしている傑作選もあわせて、今月26日まで上映しております。
和田さんの描く、ふわふわした、かわいらしい動物たちや子供たちの、気持ちいい動きをぜひ体感しにいらしてください。

Date:2012.10.7

えいがのみかた#6「月夜のシネマコンサート」を開催しました!


映画関連イベント“えいがのみかた”初の出張企画は、神戸・塩屋にある、旧グッケンハイム邸で開催しました。
イベントは二部構成で、第一部は、当館にて10月13日(土)より上映のサイレント映画、「月世界旅行」[デジタルリマスター版]を、ピアノ、ヴァイオリン、サックスの生演奏付きで先行上映。第二部はお馴染み映画音楽の、同じく三つの楽器による演奏会でした。

当日はあいにく小雨が降り、“月夜の”とはいかなかったのが大変残念でしたが、悪天候にもかかわらず、たくさんのお客様が足を運んでくださり、大盛況となりました!

第一部での生演奏付き上映会は、スクリーンの前に演奏者が並び、映画を見ながら音を合わせていく演奏スタイルでした。
演奏者の方達は、入念にシーンにあう曲を相談し、選曲してくださったそうで、おもわず吹き出してまうような笑わせる仕掛けもあったり、その時にしかない、ライブ感がとてもありました。
映画「月世界旅行」と会場である旧グッケンハイム邸は同じ1900年代につくられたらしく、会場の雰囲気ともとても合っているようでした。

第二部では、お馴染みの映画音楽が次々と演奏され、ジャズ風にサックスメインの曲や、ヴァイオリン、ピアノソロも交えつつ、今回の3つの楽器を生かしてアレンジされた三重奏もあり、とてもバリエーション豊かなラインナップで、会場は大きな拍手につつまれました。
演奏を聴くだけで、映画のシーンを思い出したり、知らない曲でも素敵な曲だから映画にも興味がわいたり、音楽から映画の魅力を再発見していただけたならとても嬉しく思います。

ご来場のみなさま、最後までご参加いただきまして誠にありがとうございました!
そして、この日のために新アレンジ曲などをたくさん用意してくださった演奏者の3名の方々、本当にありがとうございました!