ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.5.16

映画「わたしの自由について」トークイベント開催しました!

BACK NUMBER

Date:2012.11.24

11/23(金・祝)「チャップリン・ザ・ルーツ」生演奏付き上映&解説トーク開催しました!

チャップリンの初期短篇作品集「チャップリン・ザ・ルーツ」の上映が、23日よりはじまりました。
初日は、「泥棒を捕まえる人」という、近年発見された幻のプリントで、チャップリンが“ちょい役”で出演しているという貴重な作品を、チェロとピアノの生演奏付きで上映。
また、日本チャップリン協会会長の大野裕之さんによる作品解説トークが行われました。

トークイベントでは、チャップリンの生い立ちから、ハリウッドに進出したときのこと、さらに独立して有名な長編作品を撮影するに至るまでのチャップリンについてお話してくださいました。今回上映している短篇作品集は、チャップリンがハリウッドに進出してから独立するまでの約4年間、映画会社に雇われている中で作られたものだそう。
また、チャップリンはたいへん親日家で、初めて来日した場所が神戸港だったことも当時の貴重な写真たちとともにお話しして頂きました。

大野さんは、神戸に来日して80年になる記念すべき今年に、時を経て再びこの地で作品を上映できることを感慨深く思われているご様子でした。

ぜひこの機会に幻の作品集をご覧頂ければと思います!
「チャップリン・ザ・ルーツ」は11月30日まで上映しています。

Date:2012.11.18

11/17(土)映画「石巻市立湊小学校避難所」の藤川監督が舞台挨拶を行いました。


当館では11/17(土)より上映がはじまりましたドキュメンタリー映画「石巻市立湊小学校避難所」の藤川佳三監督が舞台挨拶のためご来館されました。

はじめは避難所に取材する予定はないまま、被災地を訪れた監督。ふとしたきっかけに訪れたこの湊小学校で、避難してきたことをきっかけに知り合い、今まで話したことの無かった人どうしが大きな家族のようになっていく姿に心を動かされたそう。

特に“あいちゃん”と“ゆきなちゃん”という避難所で暮らす世代の離れたお二人が交流する様子は、とても印象に残ったそうです。

そんなお二人をはじめ、その後半年間、避難所が閉鎖されるまでたくさんの避難所で暮らした人たちに密着取材されました。
映画が完成した今でも、その時知り合った方達との交流は続いているそうです。

舞台挨拶終了後はご覧頂いたお客様と一緒に映画感想や意見などをお話ししました。
藤川監督、ご来館ありがとうございました!

当館では22日(木)まで上映しています。

Date:2012.11.16

11/16(金)映画「演劇1」「演劇2」の想田和弘監督と、劇作家・平田オリザさんがトークショーを行いました。


当館では11月10日より公開中のドキュメンタリー映画「演劇1」と、「演劇2」の監督をされた想田和弘さんと、劇作家の平田オリザさんのトークイベントを開催しました。

平田さんが10代で世界一周に出たエピソードなど冒険家だったころのお話や、想田監督がドキュメンタリーを制作する中で感じた印象など平田さんご自身のお話からはじまり、どのようにして「演劇1」「演劇2」が誕生したのか、お二人が出会ったきっかけや、またその時の時代背景をふまえたエピソード。また、平田さんが、カメラをかまえる想田監督を前にして、あまりにもカメラを意識しなかったことに驚いたという撮影中のおもしろいエピソードなどをお話ししてくださいました。

質疑応答では、「演劇1」をご覧になった方も多く、映画についての質問や、平田さんが提唱する演劇に対する質問など、多くの意見が飛び出しました。

“なぜ平田さんは演劇をやっているのか”といったようなご質問にも丁寧に答えてくださり、その答えは“観察映画”を制作している想田監督の思いにも繋がるようで、監督も真剣にお話ししてくださいました。

約1時間15分ほどのトークイベント終了後にはサイン会も開催され、ご参加いただいた多くのかたが監督と平田さんのもとに集まりました。

はるばるお越し頂いた想田監督、平田オリザさん本当にありがとうございました!

「演劇1」「演劇2」は11月22日(木)まで上映しています。

Date:2012.11.10

11月10日(土)えいがのみかた#8「えいがのおしごとラテン流!PART2」開催しました!


11月10日(土)えいがのみかた#8「えいがのおしごとラテン流!PART2」を開催しました!

トークゲストである、配給会社アクションの比嘉さんの、あまりにもラテン流!なトークに大盛り上がりだった前回。
今回は、参加者の皆さんと円になって、お互いお顔が見えるようなスタイルで行いました。
前回からご参加の方も、初めてのかたも、比嘉さんと一緒にトークディスカッション形式でわいわい楽しくお話出来たかと思います。

当館では初日を迎えました映画「ル・コルビュジエの家」について買い付けから配給、宣伝まで行っている比嘉さんならではの裏話に、みなさん真剣に聞き入っていました。

中でも、今作の脚本家であり建築家のアンドレス・ドゥプラットさんが緊急来日したときのお話は“ル・コルビュジエの家”で撮影した経緯にもつながり、作品がどのようにして制作されていったのかがわかるおもしろいお話でした。

また、配給会社アクションの過去配給作についてや、映画祭など映画のお仕事に関係したお話から、アルゼンチン、メキシコ、キューバなどラテンアメリカ文化まで展開。みなさんからもどんどん質問や意見が飛び交い、マテ茶を飲みつつ、幅広いディスカッショントークが出来たのではないかと思います。

たくさんお話ししてくださった比嘉さん、ご参加の皆さん、本当にありがとうございました!

映画「ル・コルビュジエの家」は11月16日まで上映しております。