ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.26

35mmフィルムワークショップ開催しました!

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

BACK NUMBER

Date:2013.12.25

ぴあフィルムフェスティバル2013in神戸開催しました!

自主製作映画の登竜門とされる、ぴあが主催する映画祭、“ぴあフィルムフェスティバル”が今年も神戸会場は当館で開催しました!

3日間開催されるこの映画祭、今年1日目は招待作品として、「A2-B-C」、「ゼンタイ」、「なにもこわいことはない」の三本が神戸では初として上映されました。

中でも、3.11以後、福島県で生活する子供たちの、甲状腺への影響を映し出したドキュメンタリー映画「A2-B-C」は、監督のイアン・トーマス・アッシュさんもご来場され、上映後にはティーチインが開催されました。

映像作家であるイアンさんははじめから映画を制作しようと思って、この作品を撮影したわけではなく、現地に赴き、実際に生活するお母さんの声を聞いたり、子供たちとのふれあいを通して最終的に映画として完成させることを決めたそうです。

映画としてつくるうえで、海外のスタッフが編集を担当したり、様々な人とやりとりをしながら完成したこの作品。撮影時には気づかなかったことに編集の段階で気づいたりすることもあったそうです。

ただ、イアンさんは個人的に意図があって制作したつもりはなく、あくまで事実を映したにすぎないこの作品が、見る人によって様々な意見が生まれることを期待しているそうです。
実際この日、お客様からの質疑応答の場面でもたくさんご意見がでて、また終了後もロビーにて監督と色々なお話をされていたようで、会場が活気づきました。

イアン監督、ご来場ありがとうございました!!

2日目と、3日目はコンペティション部門として、たくさん応募された中から予選を勝ち抜いた新進気鋭の監督たちの自主製作映画の上映「PFFアワード2013」が開催されました。

今年の応募は511作品、その中で厳選された16作品を上映しました。

2日目は、この日上映の作品の中で「山守クリップ工場の辺り」の監督、キャストのみなさん
「LONG RIVER FRIEND」の監督
3日目はこの日の上映作品の中で「女島」の監督、キャストのみなさん
「夜とケイゴカー」のキャストの方が当館に来てくださいました!

それぞれどのようにして作ったのかや、印象に残っている撮影シーンなど、面白く興味深い制作のウラバナシを語ったいただいて、作品をより身近に感じ、さらに新しい気づきを発見することができました。

みなさん、はるばるお越し頂きご来場ありがとうございました。
また神戸にぜひきてくださいね!


「山守クリップ工場の辺り」の池田監督とキャストのみなさん


「LONG RIVER FRIEND」の荒井監督


「女島」の泉谷監督とキャストのみなさん


「夜とケイゴカー」の主演・板倉武志さん

Date:2013.12.14

12/13(金)「月夜のシネマコンサート〜」開催しました!

12/13(金)神戸・塩屋にある、旧グッゲンハイム邸にてえいがのみかた#18「月夜のシネマコンサート〜海の見える洋館でMerry Christmas!〜」を開催しました!

今回のイベントは、100年の歴史をもつ洋館で、映画の中で印象的に使用されているクラシック音楽をチェロ、ヴァイオリン、ピアノのトリオの生演奏でお聞きいただく試みでした。

映画のワンシーンがすぐに思い浮かぶような曲や、演奏者の方からちょっとしたトリビアを聞いたうえであらためて演奏を聴いてみると、また違った印象を受ける曲もありました。

それぞれにソロのある曲、トリオで奏でる曲など、バラエティも豊かなラインナップでお送りした中でも、特に演奏者の方々が意を決して臨んだ「ラヴェル/ピアノトリオ」はご本人たちも“難しい〜”と言っていたようにそれぞれの技術が光る、リズムも複雑な名曲でした!
このたび演奏者の方々とお客様が近い会場でしたので、じっくりとその技巧を鑑賞できたのではないでしょうか。

思えば音楽家を主人公にした映画もたくさんありますね。この「ピアノトリオ」しかり、劇中で演奏されている曲に注目してあらためて映画を見てみるとおもしろい発見があるかもしれません。

休憩をはさみ、後半はこの季節ならではの「クリスマス・ソングス」。映画で使用されている曲から、この時期耳を澄ませば街角から聞こえて来る定番のナンバーまで、じっくりとクリスマスの曲たちに聴き入ることが出来ました。

会場では味取(多井畑厄神近く)のパンや、ホットワインも登場し、一足早くクリスマス気分を味わっていただけたならとても嬉しいです!

寒い中お越し頂きましたお客様、超絶技巧を披露してくださった出演者のみなさま、本当にありがとうございました!

〜本日の演奏プログラム〜
第一部:“映画の中のクラシック音楽”
1,チャイコフスキー/バレエ「眠れる森の美女」よりワルツ op.66
2,ドビュッシー/「版画」より塔 
3,ドビュッシー/「ベルガマスク組曲」より月の光
4, J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番より前奏曲
5,フランク/チェロ・ソナタ
6,サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン
7,ラヴェル/ピアノ三重奏曲Ⅰ. Modéré Ⅱ. Pantoum (Assez vif)

第二部:“Christmas Songs”
8,主よ、人の望みの喜びよ
9,荒野の果てに Angels We Have Heard on High
10,White Christmas
11,さやかに星はきらめき O Holy Night!
12,戦場のメリークリスマス
13,SING JOY!Joy to the World~Fot Unto Us a Child Is Born~O Come,All Ye Faithful

Date:2013.12.1

11/30(土)「えいがの宣伝会議!パート2」開催しました!


11月30日(土)えいがのみかた#17「えいがの宣伝会議!パート2」開催しました!

昨年、パート1では映画「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」をモデルケースに映画の宣伝会議をワークショップ形式で実践しましたイベントのパート2です。今回もたくさんの方にご参加いただき、大盛り上がりとなりました。

講師は前回とおなじく関西を拠点に、フリーで映画の宣伝、ライターをされている田辺ユウキさんにお越し頂きました。
前半は、田辺さんが特別に制作してくださった重厚な資料をもとに、“映画の宣伝”とはどんな仕事なのか、田辺さんが関わったお仕事を例にあげ、ゲストである、ぴあ関西版WEBの天野さんにもお話を伺いつつ、関西における業界事情を講義。
後半は、前半の講義をもとに、実際に12月より全国順次ロードショー予定の映画「楽隊のうさぎ」をモデルケースに、グループに分かれて“宣伝会議”を実践しました。

限られた時間の中で、田辺さんや天野さんのアドバイスを参考に、ひとつの作品をヒットさせるアイデアをみんなで出し合います。みなさん初対面の方々ながら、なかなか各グループ白熱したディスカッションが行われました。

最後は各グループ前に出てプレゼンテーションをします。
それぞれすぐに実践できそうなアイデアがたくさん飛び出し、またプレゼンテーションもすばらしく、ゲストのお二人はとても驚き、感動されていました。

そして、このイベントで出たアイデアの中から、今後実際に劇場で活用させていただくものを検討しています!!(決まり次第、作品紹介ページにてお知らせします!)

今回実践していただいたワークショップは、田辺さんら宣伝マンがいつも仕事として行っていることだそうです。最後に、映画の宣伝を目指す方へのアドバイスもお話ししてくださいました。
いまのお仕事をされるうえで田辺さん、天野さんが一番大切にしている“映画愛”についても、ご参加のみなさんは感じられたことと思います。
イベント後は個別に相談にこられる方で列をなしていました。

惜しみなく親身に“映画の宣伝”について語ってくださったゲストのお二人、ありがとうございました!
そして積極的にワークショップにもご参加くださったみなさま、おつかれさまでした!本当にありがとうございました。

追記:この会議がきっかけで、以下の企画が実現しました!ありがとうございます!

☆部活あるあるコンテスト☆
あなたの「部活時代の思い出」をツイッターでつぶやいてください(ハッシュタグは#gakuaru)。応募者の中からシネ・ヌーヴォ、第七藝術劇場、京都みなみ会館、神戸アートビレッジセンターがそれぞれベストワンを決定。ポスター&非売品プレスシートをプレゼントいたします。ベストワンに選ばれた方にはダイレクトメールでお知らせいたします。