ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.26

35mmフィルムワークショップ開催しました!

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

BACK NUMBER

Date:2014.3.20

3/19(土)「恋の渦」ご出演、松下貞治さんがお越しくださいました!

当館で上映中の、映画「恋の渦」〈アンコール上映〉にご出演の松下貞治さんがご来場くださいました!

松下さんが登場するや、会場から笑いがおこるという和やかな雰囲気で、撮影ウラバナシや、制作の経緯などお客様からのご質問にも丁寧にお答えくださいました。

上映終了後は、写真撮影などこころよく応じてくださり、ご来場のみなさまと交流されていました。

松下さん、はるばるお越し下さいまして本当にありがとうございました!

当館でのアンコール上映も今週金曜日までです。
まだご覧でない方、お見逃しなく!

Date:2014.3.8

3/8(土)映画「ソウル・フラワー・トレイン」上映はじまりました!


上映初日は西尾孔志監督が舞台挨拶にお越しくださいました!

2011年から始動した、作品を制作するに至った経緯を語ってくださいました。

“みんなのおとうさん”を演じてくれるぴったりな俳優さんを探していた際、思いついたのは、もともと監督が大ファンだった平田満さんだったそうです。
そんな平田さんの名演技にもご注目です!

今日から連日舞台挨拶がきまっている神戸アートビレッジセンター。
ぜひみなさん、お越しをお待ちしております!

〈3/9更新〉

本日のゲストは監督の古からの呑み仲間である、ミュージシャン“白い汽笛”の小倉向さんでした!
なんと劇中には小倉さんのご実家が映っているらしく、大阪出身ならではのエピソードが語られました。
それにともなって、お話は大阪で撮影されたロケ地の話題に。
なかでも、通天閣の外で撮影できるという驚きの事実や、串カツ屋さん、とびたにある飲食店でのおもしろ撮影エピソードなど、監督が撮影秘話をたくさん語ってくださいました。
最後には小倉さんのアコースティックライブ。監督からのリクエストもあって、2曲歌ってくださいました!
今月下旬には“白い汽笛”が出演されるライブが旧グッゲンハイム邸であるそうなので、ぜひ!
また、小倉さんと監督が次回作で映画のコラボレーションをするというニュースも。
今後のご活躍にご注目ください!

〈3/10更新〉

本日のゲストは、アニメーション作家で神戸市在住の、和田淳さんでした!
アニメーション作家として見た「ソウル・フラワー・トレイン」の感想をおはなしくださった和田さん。
冒頭のエピソードから、大阪ってこんなに怖いところなん?!と率直に思ったそうです。
(それはどんなエピソードなのか、ぜひご覧ください!)
原作と映画とは少しストーリーをかえていることにも触れ、二次元のものを実写化するにあたり、どのような点を工夫されたのか、撮影場所や登場人物について製作ウラバナシが飛び出しました。
さらに場所というテーマから転じて、映画を上映する場所がより、コミュニティースペースとしても活用されていけばというおはなしも。いろんなアイデアが出たトークイベントでした!

〈3/12更新〉

本日のゲストは映画監督の濱口竜介さんでした!
同世代であるお二人は、「黒沢清監督の子」と題したテーマでお話ししてくださいました。
なぜ“黒沢清の子”なのか、というおはなしから、お二人の映画演出のこだわりや監督の役割とはどのようなものだと考えるかなど、中には撮影の専門用語も出て来るマニアックな小ネタも飛び出し、お二人が映画監督ならではのトークとなりました。
濱口監督が気になった撮影シーン(人物の撮り方や演技)をひとつひとつ取り上げ、それに丁寧に答える西尾監督。どのシーンもこだわり(中には元ネタがあったり!)満載で、それを聞いたあとにまた見ると違った面白さがあるようにかんじます。
トーク後は連日お客様と個々に交流もされています。
西尾監督舞台挨拶も金曜日まで!お見逃しなく。

〈3/13更新〉

本日のゲストは音楽で旧グッゲンハイム邸の森本アリさんでした!
映画好きのアリさんと日本映画のはなしで盛り上がり、おはなしは関西のカルチャーについてに。
西尾監督も、大阪でイベントスペースを管理していた経験もあり、アリさんも同じく大阪のイベントスペースで関わっていたことにも触れ、映画のみならず当時の大阪におけるカルチャーシーンから、さらに京都、神戸のことも。
旧グッゲンハイム邸がある塩屋に興味のある西尾監督は、熱心にアリさんの語る神戸、塩屋についてのおはなしに聞き入っていました。
関西を中心に活躍する作家さん、音楽家さんも多くいらっしゃいますし、よりいっそう盛り上がっていければいいですね!

この一週間、ご来場いただきましたみなさま、西尾監督、ゲストの方々、ありがとうございました!
上映はまだまだ続きます!

Date:2014.3.3

3/1(土)えいがのみかた#20「GAKURYU ISHII PRESENTS!! 月夜のシネマトークvol.2」開催しました!

3/1(土)えいがのみかた#20「GAKURYU ISHII PRESENTS!! 月夜のシネマトークvol.2」開催しました!

映画と同じくらいの歴史をもつ、旧グッゲンハイム邸でのシネマトーク第2弾は、石井岳龍監督たっての希望で、世界でご活躍のキーボーディスト&ピアニストの森俊之さんをお招きし、ドイツ表現主義時代の傑作サイレント映画のひとつ、「カリガリ博士」を即興演奏するスペシャル企画で行いました。

奇妙で、緊張感のある映像と迫力の演奏で、上演中、会場はとても真剣な空気に包まれていました。
神戸芸術工科大学さん、神戸映画資料館さんのご協力により実現できた参考上映は、森さんの即興演奏に、カラカラと鳴るポータブル16mm映写機の音が合わさるという、貴重な音楽体験をしていただけたのではないかと思います。

演奏終了後、休憩をはさみ、石井監督も登場してトークイベントを実施。
即興演奏にどのような気持ちを込めたかなど、「カリガリ博士」に対するお二人の、それぞれの想いや解釈を、熱く語っていただきました。
森さんは、「カリガリ博士」が誕生した当時の音楽シーンはどうだったのか、映画とはまた違う、音楽の側面からお話していただき、また、森さんご自身のお話もお伺いすることができて、トークは予定の時間をすぎてしまうほどに盛り上がりました。

あいにく雨模様となってしまったのですが、お足下の悪い中、たくさんの方お越し下さいまして、誠にありがとうございました!