ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.26

35mmフィルムワークショップ開催しました!

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

BACK NUMBER

Date:2015.3.8

えいがのみかた#30「映画字幕のおしごと〜フランス編〜」開催しました!

映画「やさしい人」の公開を記念して、本作の映画字幕をご担当された字幕・翻訳家の高部義之さんをゲストにお招きし、映画「やさしい人」のことはもちろん、字幕翻訳の仕事に関するあらゆることを、高部さんの経歴等お伺いしながら色々お話いただきました。

はじめに、映画に字幕をつける作業はどのようにされているのかを教えていただきました。
人が1秒間に読み取れる文字の数などを基にしたルールが詳細に決められ、制限された枠組みの中で、どこまで監督の意向を観客に伝えることが出来るか、それはとても大変な作業だと知ることが出来ました。

また、技術的なことだけでなく、字幕のお仕事はどのような流れで行われるものなのか、どのくらいの期間で仕上げなければならないのかなど、映画「やさしい人」など、実際に携わられた作品を例に挙げながらご説明いただき、映画をみるだけではわからない、字幕翻訳家の実態を知ることが出来ました。

字幕だけでなく、吹き替えなども担当されている高部さん。
字幕とはまた違った放送の世界のお話も、知らないことが多く、会場からも驚きの声が聞こえていました。

さらにお話は“どうしたら字幕翻訳家になれるのか?”という話題に。
字幕のお仕事に興味を持っているご参加の方も多く、質疑応答ではたくさん質問が飛び出し、盛り上がりました。

制作の裏側を知り、映画を見ることがもっと奥深くなった気がします。
高部さん、ご参加のみなさま、ありがとうございました!

映画「やさしい人」は3月13日まで神戸アートビレッジセンターにて上映しています。

Date:2015.3.1

映画「千年の一滴 だし しょうゆ」トークショー開催しました!

2月28日より上映しております、映画「千年の一滴 だし しょうゆ」の神戸公開記念トークイベントを開催しました!

ゲストは本作の監督である柴田昌平さんと、地元たつの市にあるヒガシマル醤油株式会社の研究所所長、古林万木夫さんにお越し頂きました。

柴田監督は、はじめにこの作品を制作するに至った経緯をお話くださいました。フランスと合作である本作。フランスのプロデューサーと出会えたことがきっかけで制作に乗り出せたそう。
撮影した作品を仕上げる際に、プロデューサーから、“自然と共生している日本の姿が映し出されている”と、あえて派手さやエキゾチックさなどの要素を入れないことがいいというアドバイスをもらったそうです。

監督は、自然と共生する姿をとらえるため、人と自然を撮影する際にあえて、自然から見た人、という画を多く用いたそう。そんな撮影中の秘話から、実際取材した人々のおはなしなど、丁寧にお話してくださいました。

後半は、ヒガシマル醤油の古林さんと充実のお醤油トークでした。
お醤油製造のひみつから、醤油の種類や発祥地、歴史まで、研究所の方ならではの詳細な情報を教えていただき、特に関西在住のひとにはなじみ深いうすくち醤油のことなど、普段使っているけど実は知らなかったことを知ることが出来、会場から驚きの声が上がりました。
質疑応答の時間もお客さんから次々と質問が飛び出し、大盛況のトークイベントとなりました。

和食が世界遺産に登録される前から本作の取材をはじめていた柴田監督。
三年がかりで本作を制作する中、監督自身も和食に対する新しい気づきや、いまの子供たちの食育のありかた等、思うことがたくさんあったそうです。
生産者が減少の一途をたどっている事実も、とても危惧されることだと言います。

柴田監督、古林さん、ありがとうございました!
映画「千年の一滴 だし しょうゆ」は、当館で3月13日(金)まで上映しています。