ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.5.16

映画「わたしの自由について」トークイベント開催しました!

Date:2016.4.24

映画「X年後2」ご出演の川口さん舞台挨拶開催しました!

Date:2016.4.18

えいがのみかた#42「神戸キモノ日和〜着物で映画館へ〜【春】」開催しました!

BACK NUMBER

Date:2015.12.23

「シネマストリートカフェvol.7」開催しました!

『シネマストリートカフェvol.7』開催しました!
今回はパルシネマしんこうえんの、小山支配人にマスターを務めていただきました。

パルシネマでの番組編成の裏事情から、今後のオススメ上映情報等映画館のことはもちろん、お客さんからご質問のあった、パルシネマ内での掲示物やご案内についてのことなど、直接聞いてみないと知らないココだけのはなしをお伺いすることが出来ました。

また、小山支配人の個人的2015年のベスト10を発表!
なぜおもしろかったのかを1作品ごとに解説してくださり、お客さまは知らない作品について知れたり、見た作品には感想を言い合ったり、とても盛り上がりました。

小山支配人、ありがとうございました!

Date:2015.12.23

えいがのみかた#37「神戸キモノ日和〜着物で映画館へ〜【冬】」開催しました!

12月12日と、20日の2日にわたって、着物でたのしむイベントシリーズ「神戸キモノ日和〜着物で映画館へ〜【冬】」開催しました!

12日の「アロマワークショップ」では、精油の基礎知識も学びながら、オリジナルの練香づくりに挑戦しました。
どんなときに使いたいのか、どんな気分になりたいかなど用途に合わせてブレンド考えます。
完成したら他の参加者の方がどんな香りにしたのか興味津々で、大盛り上がりでした。
また、ワークショップ終了後には映画「暗殺の森」も鑑賞。ファッショナブルな映画に合わせてたのしむ1日となりました。

20日の「華やか帯レッスン」は、本格的な帯結びに挑戦!
1つ目はベーシックなものを、2つ目は少し難易度が高いものだったため、みなさん大奮闘!
体を使ったあとのお茶タイムはほっと一息ついたご様子で、共通の趣味を持つ参加者どうし交流されていました。
今回習得された帯結びで、初詣や映画鑑賞に、ぜひ新開地へ遊びに来ていただきたいです。

みなさん、ご参加ありがとうございました!


みんな着物でそぞろ歩きも楽しい♪

Date:2015.12.12

「This is チェコアニメ!〜」第5回開催しました!

「This is チェコアニメ! 〜チェコアニメをとことん語りつくす会〜」第5回目、【クルテクとミレルのアニメ 〜クルテクが本当に生み出したもの〜】を開催しました!

いよいよみんなの人気者!クルテクの登場です。
今回の上映は、クルテクだけでなく、制作者であるズデニェック・ミレルの知られざる代表作など、ボリュームたくさんでお送りしました。

日本では、よくグッズとしてみかけるクルテク。
まさにライセンスをあつかっていらっしゃる眞部さんのトークでは、なかなか聞くことのできないビジネスのおはなしが語られ、ビジネスになると「かわいい」だけでないことも(?)よく知ることが出来ました。

次回は年明け2月5日、いよいよかわいい『アマールカ』ちゃんのおはなしです!
いったいどんなお話が聞けるのでしょうか。お楽しみに!

「This is チェコアニメ! 〜チェコアニメをとことん語りつくす会〜」は、絶賛ご予約受付中です!

Date:2015.12.6

「第1回いただきます映画祭」開催しました!


12月2日〜6日、食にまつわるドキュメンタリーの上映に合わせ、有機野菜のマルシェなどが行われる「いただきます映画祭」開催しました!5日間に渡って開催した映画祭、最後2日間は、ワークショップやマルシェ、お餅つき大会やトークイベントまで盛りだくさんで、たくさんのひとで賑わいました。

トークイベント1つ目は、
「“食べる通信”でつくりたい未来」と題し、映画「100年ごはん」の上映終了後、農家さんと消費者さんを繋ぐお仕事をされ、今回の映画祭実行委員会のメインパーソンである福井さんを聞き手に、“兵庫食べる通信”代表で、編集長を務められている光岡大介さんにご登壇いただきました。

生産者の方と消費者の方の間に現在距離があるのではないか、その垣根をどうすれば取り払うことができるのか、ということをテーマに、有機野菜のレストラン経営や、農業体験などを企画している光岡さん。消費者側から生産者の方と距離を縮める最良の方法は、まずお友達になること。そしてその手段のひとつとして、“兵庫食べる通信”が役に立てば、と語っていただきました。

トークイベント2つ目は、
まさに、生産者である「ナチュラリズムファーム」の大皿一寿さんに、映画「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」の上映後、ご登壇頂きました。
大皿さんは、会社員をご経験されたあと有機農業をされ、いまは就農実習なども受け入れられています。消費者としてではなく、“元消費者”だったご経験から、いまの日本における有機農業の現実を語っていただきました。
日本の有機農業家の割合の少なさなど、そこには驚くべき事実がたくさん。普段生活しているだけでは気づくことの無い、日常にある農作物の現状を知ることが出来ました。「安心・安全」のものをいただくために、今必要だと感じていること。ひとりでも多くの有機農業家が増えることの大切さを教えていただきました。

トークイベント3つ目は、
パンやさんを営んでいらっしゃる「coboto bakery」の店主さんがご登壇してくださいました。
こちらのトークでは、国産小麦、しかもパン用の小麦について詳しく教えていただきました。99%を輸入品に頼っているパン用の小麦。日本で有機小麦を作っている農家さんは、本当に限られた件数しかありません。
cobotobakeryの店主さんも、身近なことでまず始められることは、たべものを選ぶとき、そのものがどの経緯で自分や家族の口に入るのか、それを知る手だてはますます難しくなっている昨今で、生産者の方とお友達になることが一番ではないか、とおっしゃっていました。

そして最後のトークイベント4つ目は、
こんぶ処苦楽園永楽の店主・藤橋さんにご登壇いただき、映画「千年の一滴、だし しょうゆ」の上映後、昆布のおはなしをたっぷりしていただきました。
来場者の方には昆布とカツオをお配りし、昆布を食べてからカツオをたべ、口の中で合わせ出汁をつくるというプチコーナーも!それは、ひとが感じる“うまみ”は、1+1=7倍〜8倍になるというのを体験する試みでした。
また、昆布の栄養のおはなし、出汁の美味しい取り方、国産昆布の特徴やトリビアまで、こんぶ処の店主であるだしソムリエの藤橋さんならではのお話をおうかがいすることが出来ました。

1Fのコミュニティースペースでは、映画の上映にあわせて有機野菜のマルシェも開催。(トーク登壇の「ナチュラリズムファーム」の大皿さんもご出店!)
ご来場のお客様は、売りにこられている生産者の方とお話するなど交流しながら、有機野菜を知ることが出来た様子で、大変賑わっていました。

さらに、そのお野菜を使用したカレーや、豚汁、お餅つき、お菓子などのブースも出て、その場で味わうことも出来ました。

ご来場の方には、映画を楽しむだけでなく、食に関する知識なども得てこれからの生活のヒントになる機会であったなら、と思います。
ご来場のお客様、また出店協力していただいた生産者の方、お手伝い頂いた方、ありがとうございました!