ARCHIVE(アーカイブ)

Date:2017.3.26

35mmフィルムワークショップ開催しました!

Date:2017.3.18

映画「息の跡」秦プロデューサー舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.3.13

えいがのみかた#50「映画のおしごと〜現場メシのはなし!〜2」開催しました。

Date:2017.2.4

映画「桜の樹の下」田中圭監督舞台あいさつを開催しました!

Date:2017.1.8

映画「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」舞台あいさつ実施しました。

Date:2017.1.8

えいがのみかた#49「アリさんの、シネ間あり!7」開催しました!

Date:2016.12.17

「第二回いただきます映画祭」開催しました!

Date:2016.12.4

映画「クワイ河に虹をかけた男」の満田監督の舞台挨拶を実施しました!

Date:2016.12.4

映画「明日の世界/ドン・ハーツフェルト作品集」土居さんの舞台挨拶実施しました!

Date:2016.11.27

えいがのみかた#48「土居伸彰の変態(メタモルフォーゼ)アニメーション入門」開催しました!

Date:2016.11.20

映画「五島のトラさん」大浦監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.11.9

【第38回ぴあフィルムフェスティバルin神戸】開催しました!

Date:2016.10.8

映画「Start Line スタートライン」の今村監督の舞台挨拶を開催しました!

Date:2016.7.25

「シネマコラムえきしびしょん’16」開催しました!

Date:2016.7.25

「神戸キモノ日和〜浴衣で映画祭へ〜【夏】」開催しました!

Date:2016.7.25

映画「さとにきたらええやん」重江良樹監督の舞台挨拶を開催しました。

Date:2016.6.19

映画「FAKE」森達也監督のトークイベント開催しました。

Date:2016.6.19

えいがのみかた#43「アリさんの、シネ間あり!6」開催しました!

Date:2016.6.16

映画「バット・オンリー・ラヴ」の円城さんと酒井さんがご来館されました!

Date:2016.6.11

映画「バット・オンリー・ラヴ」佐野監督の舞台挨拶を開催しました!

BACK NUMBER

Date:2016.3.26

「ラテン!ラテン!ラテン!」配給会社Action Inc.の比嘉さんトーク開催しました!

「ラテン!ラテン!ラテン! Action Inc.が届けたラテン映画10年間の軌跡」の開催初日、比嘉セツさんのトークイベントを開催しました!

比嘉さんは、自らの足でラテンアメリカ諸国へ赴き、現地の映画関係者と直接やり取りをして、たくさんの作品を手掛けてきました。
そんな、日本と海外を頻繁に飛び回る中で、日本でメディアを通して見聞きしているだけでは全くわからない、キューバなどラテンアメリカ情勢の現在を目の当たりにしていることもあり、それをとてもわかりやすく、かつ詳しく語っていただきました。

それはわたしたちが、ステレオ式に感じている“ラテンアメリカ”というイメージとは違い、深くその国を知る機会となりました。
そしてそれらは、Actionが手掛けて来た映画を見ても感じることであり、馴染みのない国だったとしても、映画を通して風土や人柄などを知ることができると、比嘉さんはお話してくださいました。

そんなまさに“今”のラテンアメリカ情勢のことから、お話は10年間配給をされてきた比嘉さんご自身のお話へ。
買い付けも全て一人でされているパワフルな比嘉さん。
このお仕事につくきっかけや、今まで続けて思うこと、また次回配給を決めていらっしゃる新作のお話などをお伺いすることができました。

そんな想いのたくさんこもった作品たちが勢揃い!
見逃した作品、もう一度見たい作品から、2度目、3度目はまた違った感じ方になる作品まで、一挙に上映する今回の特集上映!
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

Date:2016.3.21

えいがのみかた#40「映画のおしごと〜現場メシのはなし〜」開催しました!

3月21日(月・祝)えいがのみかた#40「映画のおしごと〜現場メシのはなし〜」開催しました!

映画やドラマの撮影現場専門でケータリング業をされ、日々ひっぱりだこで忙しくされている、“トウタリング”こと、小水とうたさんにお越し頂き、ゲストとしてこのお仕事をされるようになったきっかけや、詳しいお仕事の流れ、苦労話や、最新作マル秘トークまで、いろんなエピソード盛りだくさんで、たっぷりお話していただきました!

特に海外で、日本と異なる文化圏の中、どのようにして撮影隊に美味しいごはんを提供しているのか、国内でも、水や電気、火の無い場所で、あたたかいごはんを提供する工夫は、お伺いしないと知り得ないことで、とても驚きました。

また、メニューに関しても詳しく教えていただき、本日提供された、「三種の神器」と言わしめる、豚カレー、グリーンカレー、鶏飯の美味しさのコツも学ぶことが出来ました。

とうたさんのお話は、映画の撮影現場の様子も、完成した作品を見るだけではわからない、作り手たちの情熱や苦労を伺い知ることができました。

体力的にもキツイお仕事であり、つらい苦労話もお伺いしましたが、どんな場所でも、美味しくて暖かいごはんを提供することは、どれだけスタッフのモチベーションUPに影響し、貴重であることか!
とうたさんの映画に対する愛情が、今の日本映画を支えていると、ひしひし感じたのでした。

とっても美味しいごはんを、たくさん作ってはるばるイベントのためにお越し頂き、本当にありがとうございました!

またご参加のお客様も、映画を見た際には、とうたさんのごはんの味を思い出していただければ嬉しいです。
ご来場、ありがとうございました!

撮影現場のスタッフのように、並んで配膳を待つお客様たち。


みかんの皮が隠し味の、感動の鶏飯。鶏ガラを4時間煮込んだスープのなんと濃厚でうまみが凝縮されていることか!!ごちそうさまでした!!

Date:2016.3.18

「シネマストリートカフェvol.10」開催しました!

大好評のシリーズ、シネマストリートカフェの第10回目を開催しました!

今回3度目の登場となる小山さん。「何をはなそうかな〜」とおっしゃりながらも、最近の映画のことから、番組の編成などなど、またパルシネマの魅力が再発見できる、素敵なトークをしてくださいました。

お客さまもリラックスしたご様子で、自由に発言したり、質問が飛び出したり、交流もさかんに行われていました。

あいにくの雨でしたが、みなさまご参加ありがとうございました!

Date:2016.3.13

映画「牡蠣工場」の想田監督ご来場!


3月12日(土)に初日をむかえた、映画「牡蠣工場」の、想田監督が、神戸アートビレッジセンターにご来場くださいました!

質疑応答では、この映画を制作することとなったきっかけや、時折登場する猫ちゃんの意味、純粋に見た感想、映画の続きが気になる・・・などなど、お客様からの質問は途切れず、想田監督もひとつひとつ、丁寧にお答えくださいました。

そのお話の中でも、“観察映画”と称している想田監督の制作スタイルについて、自らが定めている約束(“十戒”)にそって、詳しくお伺いすることもできました。観察映画だからこそ、結果として映画「牡蠣工場」として完成したことには、そもそもの撮影をはじめたきっかけと変化していて、とても意外でした!

急きょサイン会も行われ、最後までお客様と交流してくださいました。

お越しのお客様、想田監督、はるばるご来場いただき、ありがとうございました!