ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

流れてこそ川?

長良川ド根性

2012/日本/80分/配給:東海テレビ

監督:阿武野勝彦、片本武志


清流、長良川の流れを遮る河口の鉄の塊・全長661mの「長良川河口堰」。建設をめぐって、推進・反対が激しく対立した。しかし、一度走り出した国策は止まらず、1500億円を投入した堰の運用から16年が過ぎた――。
本作の主人公は、長良川に生きる漁師たち。ハマグリとシジミ漁を営む三重県桑名市の赤須賀漁協は、最後まで建設に反対した。しかし、「一漁協のエゴが、21世紀の中部圏の発展を阻害している」「補償金のつり上げが目的だ」とまで批判された。あれから16年。赤須賀では秋田清音組合長(70)を中心に、乱獲を防ぐルールを作り、独自にハマグリの養殖に取り組み、変わり果てた河口で生きる道を模索してきた。それは、並大抵の努力ではなかった。絶滅寸前まで追い込まれたハマグリの漁獲も徐々に回復し、今では若い漁師たちも増え、浜に活気が戻り始めている。
しかし、漁師たちが流してきた汗と涙など知らず、政治はブレ続けた。2011年、建設を推進した愛知県が、環境意識の高まりと水余りを背景に、河口堰の費用対効果などと言い出し、開門調査すべきと堰の不要論を唱え始めたのだ――。
農地が必要だと干潟を埋め立てては放置し、水が必要だと川を堰き止めては、今度は堰など不要だったと言い出す。「環境保護」と言えば誰も文句はないとでも言うのか。「経済的発展」のため堰が不可欠だと押し切った時と同じように。しかし、そうしたゴリ押しは、この土地で生きる人々と、どう折り合いをつけてきたというのか。 公益とは一体何なのか? この現代日本が抱える構造的な難問は、「民意」という化物になって、私たちに反撃する。『平成ジレンマ』『青空どろぼう』『死刑弁護人』に続く、東海テレビ・ドキュメンタリー劇場第四幕。その手は、桑名の焼き蛤!!

3/2(土)〜8(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般1500円、学生1300円、シニア1000円

1300円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください