ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

信念を貫き、真の芸術を求め続けた反骨の画家の生涯

父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯

2012/日本/102分/配給:太秦

プロデューサー・共同監督:武重邦夫、近藤正典 出演:中村倫子、田島征三、朝倉摂、高畑郁子


戦後、「日本画滅亡論」まで登場した日本画壇において、新しい時代の新しい日本画の創造を目指して活躍した中村正義。日本画壇の重鎮・中村岳陵の画塾に入門し、本格的に画家としての道を歩み始めた正義は22歳で日展に初入選。たちまち頭角をあらわし、早世の天才日本画家・速水御舟の再来とも言われ将来を嘱望された。26歳で特選を受賞、36歳という若さで日展審査員に推挙され、若くして日展の頂点に登り詰めながらも、古い体質の画壇、権威主義的体質に異を唱え、日展を脱退。

それ以降は画風を一転させ、絵具に蛍光塗料を混ぜて描いた《男女》や《舞妓》のシリーズ、現代社会に生きる人間の《顔》に現われた心の闇を描いた作品群、ポップアートかと見紛う肖像画など、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な作品を次々と発表していく。また、謎の浮世絵師・写楽の実像を画家の立場から探求することにも精力的に取り組んだ。晩年は、絵画をはじめ、権威主義に反対する演劇、パフォーマンスなどあらゆるジャンルのアーティストら17団体が参加した東京展市民会議の事務局長として奔走。岡本太郎、針生一郎らも賛同し、日展の展覧会と同日に第一回東京展を開催し成功させる。

そんな正義の生涯は病との闘いでもあった。二十代で結核を患い、後年癌を発症。52歳という若さで逝去。旧勢力からの圧力や妨害を受けながらも、自らの信念を曲げず、死と向き合いながら真の創造を求め続けて生涯を終えた。

写楽に、ピカソに、ゴーギャンに、ウォーホールさえ、ぶっ飛ばした天才画家!
苛烈に生きた画家は、私たちに何を問いかけるのかー

4/20(土)〜26(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般1500円、学生1300円、シニア1000円

1300円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください