ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

未来を生きるために知っておきたいテクノロジーのこと

世界が食べれなくなる日

2012/フランス/118分/配給:アップリンク

監督:ジャン=ポール・ジョー

〜原発と遺伝子組み換え〜いのちの根幹を利用した二つの技術。暴走するテクノロジーのその先に、どんな世界が待っているのだろうか?

異例のロングランヒットを記録した『モンサントの不自然な食べもの』に続く、遺伝子組み換え食品の実態を追ったドキュメンタリー第2弾。
ラットの寿命と言われる2年にわたり遺伝子組み換えトウモロコシを与えた場合、どんな影響があるのだろうか?2009年フランスで極秘に行われた実験にカメラは密着。セラリーニ博士によるこの実験結果はEUだけでなく、世界中に大きな波紋を投げかけている。そして同時に描かれるのが「原発のある風景」、日本で起こった福島原発事故以降、その地に住む農家がどのような影響を受けたのあk、『未来の食卓』に始まり“食の重要性”を伝え続けるジャン=ポール・ジョー監督がカメラを向ける。いのちの根幹を脅かす二つの技術の意外な共通点。そして浮き彫りにされるひとつの不都合な真実とは?

10/5(土)〜14(月・祝)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般 1700円、学生1400円、シニア1000円

1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください