ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

ダンスは私にとっての哲学だっとと言えたら、最高に幸せねー

そしてAKIKOは…AKIKOあるダンサーの肖像

2012/日本/120分/配給:自由工房

監督:羽田澄子 出演:アキコ・カンダ


日本のモダン・ダンス界の第一人者、アキコ・カンダ。
かつて羽田澄子監督は、まさに円熟期を迎えた40代のアキコがダンスに生きる姿を、ドキュメンタリー映画「AKIKO-あるダンサーの肖像-」(1985)に収めて、文化庁芸術作品賞受賞等、高い評価を得た。
それからもアキコはたゆまず踊り続け、毎年のように新作を発表してきたが、その彼女が70代半ばを迎えた2010年、羽田監督はふたたびアキコの撮影を始める。
アキコは若くして渡米、巨匠マーサ・グレアムのもとで身に付けた踊りを基礎に、独自の表現を見出してきた。そんな彼女が年齢を重ね、肉体の衰えに直面するなかで、どのようなダンスを生み出してゆくのか。身体芸術の極みであるダンスにおいて、どのような可能性を見せてくれるのか。その行き着く先を記録したい。羽田監督はそう考えていた。
しかし撮影を始めて間もなく、アキコが癌を発症していたことを知る。アキコは2010年秋のリサイタル終了の翌日に入院、退院後も治療を受けながら、ダンスと真摯に向き合い続けた―。
そして2011年9月、リサイタル「花を咲かせるために ~バルバラを踊る~」で、彼女は持てる生命を全て尽くして、同月23日に亡くなる。図らずも本作は、ダンスに全てを賭けたアキコの最後の公演記録となった。
厳しく真摯だったアキコ。
童女のように無邪気で優しかったアキコ。
生涯、ダンスへの情熱を絶やさず、病気と闘いながら、死の直前まで創作し、踊り続けたアキコ。
本作は、羽田監督が、長く親交のあったアキコ・カンダの生涯を辿り、彼女が芸術家として人生を見事に全うする姿を描いた、感動のドキュメンタリー。

9/14(土)〜27(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般 1700円、学生1400円、シニア1000円

1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください