ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

「ひろしま」を撮るということ

ひろしま 石内都・遺されたものたち

2012/日本・アメリカ/80分/配給:NHKエンタープライズ

監督:リンダ・ホーグランド 出演:石内都


広島で被爆し亡くなった少女らの遺品、ワンピースや靴や人形の写真…。写真家・石内都が撮影し続けた作品群だ。その展覧会がカナダ・バンクーバーにあるMOA(人類学博物館)で開かれ、反響を呼んだ。展覧会の準備、各国から訪れた観客の反応を1年以上追ったドキュメンタリー。
石内氏が撮った遺品たちは、北米の人々に静かに語りかける。ワンピースを見て少女のおしゃれ心に触れた人、自分の祖国の内戦の悲惨さに思いをいたす人、そして、はじめて原爆による「死」を感じ立ちつくす人。作品に触発されたさまざまな人々の思いが織り重なっていく。
監督は日本で育ったアメリカ人リンダ・ホーグランド。時間と国境を越えて、作品たちが、新たな物語をつむいでいく。

9/14(土)〜20(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般 1700円、学生1400円、シニア1000円

1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください