ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

ヴァン・ゴッホ/モーリス・ピアラ

1991/フランス/160分/配給:ザジフィルムズ

監督・脚本:モーリス・ピアラ 出演:ジャック・デュトロン、アレクサンドラ・ロンドン

上映作品
「ヴァン・ゴッホ」(1991/フランス/160分)
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホがオーヴェル・シュル・オワーズで過ごした、人生最後の2ヶ月間を描く。地元の有識者との娘との交流、弟夫婦とのやりとりなど、静かな田舎町を舞台に、ゴッホという才能ある絵描きの日常を追う。“狂気”や“絶望”はあくまでも静かに、しかし必然として忍び寄る…。モーリス・ピアラの名を一気に知らしめた、歴史的傑作。

「愛の記念に」(1983/フランス/100分)
奔放な男たちと付き合うものの、本当の愛を知らない少女シュザンヌが、傷つきながらも成長していく姿を描く。ピアラ自身が厳しくも愛情豊かな父親役を演じており、新人であったサンドリーヌ・ボネールは一躍脚光を浴びた。

「悪魔の陽の下に」(1987/フランス/97分)
ブレッソン監督「少女ムシェット」の原作でも知られるジョルジュ・ベルナノスの小説の映画化。殺人を犯してしまった少女を救おうとする1人の神父の姿を通して、人間の苦悩と絶望を炙り出していく。

「ポリス」(1985/フランス/114分)
刑事マンジャンは麻薬捜査で逮捕された若い女ノリアと出会い、愛情を持ち始めるが…。パリの裏社会をリアルに描いた、ジェラール・ドパルデューとソフィー・マルソーの共演による、モーリス・ピアラ最大のヒット作。

12/7(土)〜20(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

(1作品につき)一般1700円、学生1400円、シニア1000円、4回券4500円

(1作品につき)1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください