ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

浮遊するこころと残されてゆく伝言

終わりゆく一日

2011/スイス/111分/配給:フルモテルモ×コピアボア・フィルム

監督:トーマス・イムバッハ

躍動する都市のパノラマ、別れを告げる留守番電話の伝言、男の声を代弁するボブ・ディランの歌。スイス・チューリッヒのとある部屋で15年にわたって定点観測された人生の断片が、さまざまな愛について語り始める。

チューリッヒの工場地帯にあるスタジオ。古い35ミリのカメラを構え、窓の外の風景を撮り続ける男がいる。空を突き刺す巨大な煙突。雲を横切る鳥の群れ。轟音をたてて行き交う列車。行進するブラスバンド。キスする恋人たち。建設中の高層ビルの上で旋回するクレーン。
男の背後で、留守番電話の伝言が流れている「もしもし、今何してるの?」男は何者なのか、存在とは何か。ボブ・ディランの歌が失われた時と新しい始まりを告げるー。

3/8(土)〜14(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

一般 1700円、学生1400円、シニア1000円

1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください