ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

光と影の戯れや風のささやき、そして美しい女性たちをとらえた魅惑の作品群

ホセ・ルイス・ゲリン映画祭


「シルビアのいる街で」が劇場公開され、その独特な映像表現で映画ファンに衝撃を与えたホセ・ルイス・ゲリン監督。「ミツバツのささやき」(’73)や「エル・スール」(’83)で名高いビクトル・エリセが“今のスペインでもっとも優れた映像作家”と断言する彼の特集上映が遂に実現します。映画の未来を指向する彼の作品群は、安易な商業主義とは一戦鵜ぃ画す究極の映像芸術。時空を越えた映像のコラージュ、綿密な音響設計、光り輝く美しい場面が私たちを映画の桃源郷へと誘います。

上映作品
「ベルタのモチーフ」(1983/スペイン/118分)
「イニスフリー」(1990/スペイン・フランス・アイルランド/108分/デジタル)
「影の列車」(1997/スペイン/82分)
「工事中」(2001/スペイン/133分)
「シルビアのいる街の写真」(2007/スペイン/67分/デジタル)
「シルビアのいる街で」(2007/スペイン・フランス/86分)
「ゲスト」(2010/スペイン/133分)
「メカス×ゲリン 往復書簡」(2011/スペイン/99分/デジタル)

また、本映画祭での「メカス×ゲリン 往復書簡」の関連作品として、
ジョナス・メカス監督作品を上映いたします。(提供:ダゲレオ出版)
「リトアニアヘの旅の追憶」
(1972/’50〜72撮影/モノクロ&カラー/87分/16mm)
「ロスト ロスト ロスト」
(1976/’49〜63撮影/モノクロ&カラー/176分/16mm)
※「ロスト ロスト ロスト」は字幕のないフィルムでの上映です。ダイアローグは印刷した紙資料を配布いたします。ご了承ください

3/16(土)〜22(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

一般1500円、学生1300円、シニア1000円、3作品券3600円

1300円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください