ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

福島で生きる子どもたちに、何が起きているのか

A2-B-C

2013/日本/71分/配給:アット エンタテインメント

監督:イアン・トーマス・アッシュ

イアン・トーマス・アッシュ監督舞台挨拶決定!
7/27(日)17:00の回、上映終了後

本作は、日本在住のアメリカ人監督イアン・トーマス・アッシュが福島原発事故以降の
福島の子どもたちを追ったドキュメンタリーである。

2011年3月11日 東日本大震災による福島原発事故発生。
その11日後、日本在住のドキュメンタリー監督イアン・トーマス・アッシュは、福島の取材を決意する。
今福島で、一体何が起きているのか?
福島を訪れたアッシュはカメラを片手に町の様子、人々の様子を撮り続けた。
中でも、外国人の自分に興味津々な様子で無邪気に声をかけてくる子どもたちに、アッシュは「兄弟」としての親しみを感じるようになった。
しかし、その子どもたちに、ある異変が起きていることを知る。

映画本編で、取材に応じた母親たちは、「県内で子どもたちを対象に行われた甲状腺検査で、A2判定を受ける子どもたちが2011年は28.2%だったのに、2012年は43~44%に増えている」と訴える。【A2】【B】【C】これは、甲状腺に発生した嚢胞(のうほう)や結節(しこり)の大きさによる判定レベルを表している。

同時にアッシュは子どもたちをとりまく校庭や通学路の汚染除去の日常の実態もカメラにおさめてゆく。

まるで家族のポートレイトを撮るかのように愛情をもって、原発事故以降の福島を撮り続けるアッシュ。テレビでは報道されない福島の厳しい現実と、福島に住む人々の切実な訴えが、カメラを通して静かに映し出されるー。
果たして、子どもたちの未来は安全なのか?
それでも、私たちは、何も起こっていないと見過ごすことができるのかー。

7/26(土)〜8/8(金)※火曜休館

上映スケジュールはこちら

なし

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください