ご注意:KAVCキネマの上映プログラムは、やむを得ない事情で変更の可能性もございます。お手数ですが事前にご確認下さい。

新サービス お知らせメール機能

お知らせメール機能使い方

※ご登録いただいたアドレスは、作品上映日のお知らせが終わりましたら自動的に削除されます。

※ドメイン指定受信をご利用の場合は、ドメイン「kavccinema.jp」をご設定ください。

ドールズ・コールは鳴り止まない!

カリフォルニア★ドールズ [ニュープリント]

1981/アメリカ/112分/配給:boid

監督:ロバート・アルドリッチ 出演:ピーター・フォーク、ヴィッキー・フレデリック、ローレン・ランドン、バート・ヤング、トレイシー・リード

生きていれば誰もが味わう挫折と栄光―
わずかなファイトマネーを求めての、「カリフォルニア・ドールズ」のあてなき旅は、毎日が崖っぷち。ドサ回りである。マネージャーは頑固者で野心家、仕事のためなら嘘もつく。そんな彼に導かれての、彼女たちの旅には、想定外の落とし穴と思わぬ喜びが待ち受けている。生きることの陰りと輝きに満ちあふれた物語。「この映画に登場する人間たちは皆“よくいる誰か”なのだ」とマネージャー役のピーター・フォークが語る。どこにでもいる誰かが特別な存在となる、そんな輝ける一瞬の永遠が、スクリーンを満たす。

日本では未だDVD化不可能
82年の初公開以来多くの映画ファンの心をつかんだ本作は、音楽著作権上の理由により未だにDVD発売されていない。今後も未定。つまり今この時にスクリーンで見るしかない、貴重なこの機会。ドールズ・コールとともに皆で映画館に大集合だ!

巨匠ロバート・アルドリッチ遺作
『攻撃』『何がジェーンに起こったか』『ふるえて眠れ』『飛べ!フェニックス』『特攻大作戦』『北国の帝王』『ロンゲスト・ヤード』『合衆国最後の日』など、数々の名作で知られるロバート・アルドリッチ(1918-1983)。その多くが男たちの血と汗飛び散る戦いの物語だった彼の遺作となったのが、女子プロレスラーたちの物語。女性ならではの美しさとタフな戦いとがぶつかり合い、遺作というにはあまりに官能的でゴージャスなステージがそこに出現した。

 

3/9(土)〜11(月)※3日間限定公開

上映スケジュールはこちら

なし

一般 1700円、学生1400円、シニア1000円

1400円

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください