割引制度

お知らせメール機能

爆音忘年会2013

東京での“爆音大友克洋”(吉祥寺バウスシアター、12/7(土)〜20(金))を受けて、神戸アートビレッジセンターでもよりすぐり2作品と、2013年の問題作『天国の門デジタル修復完全版』の待望の爆音上映を、年末年の瀬の平日ながら、実現いたします。
特別に「大友克洋×河村康輔コラージュ展」もロビーにて開催いたします!!

=====

爆音大友克洋 ~画面に埋め込まれた音、音の中の未来~

2011年の爆音映画祭で上映されたBDヴァージョンの『AKIRA』は、衝撃的な記憶を多くの者の身体に焼き付けたはずだ。監督の手によってフィルム版からブローアップされた音が生き物のように場内を駆け巡り、客席をかつて誰も経験したことのない場所に変えた。劇場内はまさに近未来のTOKYOとその終わりと始まりの時間そのものとなった。
映画における音の役割は、そこで語られる物語の補佐的なものであるだけでなく、音によるもうひとつ別の物語を語ること、そしてそのことによってまるで映画そのものが物語を語りかけてくるような有機的な強さを映画にもたらすことなのだと、『AKIRA』の音は語っているようであった。

大友克洋のコミックは動画になる前からそういった『AKIRA』BD版の音を内包していたように思う。もしくはそういった音を羨望していた。だからコミック作家であった大友克洋はすでにその時点で映画監督でもあったと言える。80年代後半以降、大友克洋の活動が動画へとシフトいったのはその意味で当然のことだったのではないか。

今回の特集ではそんな大友克洋の、画面の中にあらかじめ埋め込まれた音、その画面が羨望し続ける音、そしてそれらの音が広げる私たちの視界の中に見えてくる未来を見つめてみたい。震災以降、まさに『AKIRA』の世界を生きていることを実感するばかりの私たちの日常は、大友克洋の音によって描かれるもうひとつの物語の中に潜んでいるはずだからだ。未来の始まりの音がそこにある。『AKIRA』の時代設定翌年の2020年に行われる東京オリンピックを、私たちはどんなふうに迎えることができるだろうか? その未来の風景を、爆音上映によって浮かび上がらせることができたらと思う。<企画・制作/boid>

上映作品
■AKIRA デジタルリマスター版

1988・日本/124/BD 提供:バンダイ
(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
フィルム版の音響に更に手が加えられ、デジタル5.1チャンネルを駆使した音作り。劇場内を音が飛び交い、まさにそここそが未来であり、破壊の後の場所であるかのような錯覚に陥る。そこから私たちはどう生きるか、どんな世界を作るのかと、それらの音が問いかけてくる。

■SHORT PEACE
2013/日本/オムニバス/68分/DCP 提供:松竹
大友克洋監督「火要鎮」
森田修平監督「九十九」
安藤裕章監督「GAMBO」
カトキハジメ監督「武器よさらば」
森本晃司(オープニング)
「日本」をテーマに作られた4本の短編集。大友克洋作品「火要鎮」の音楽は久保田真琴。日本各地のそれぞれの地域に潜む伝統的な音楽をフィールドレコーディングして、アレンジを加え多くの人の視界に浮上させるという近年の久保田真琴の作業は、まさにこの作品のテーマとフィットする。「日本」の記憶の底にある力を最新テクノロジーによって未来へと差し出す作業。この作品で使われているのは阿波踊りの音楽。監督自身の希望によって実現したとのこと。

「火要鎮」
声の出演:早見沙織、森田成一/音楽:久保田麻琴

「九十九」
声の出演:山寺宏一、悠木碧/音楽:北里玲二

「GAMBO」
声の出演:田村睦心、浪川大輔/原案・脚本・クリエイティブディレクター:石井克人/音楽:七瀬 光/キャラクターデザイン原案:貞本義行

「武器よさらば」
声の出演:二又一成、檀臣幸/原作:大友克洋/音楽:石川智久

森本晃司(オープニング)
声の出演:春名風花/音楽:Minilogue

(C) SHORT PEACE COMMITTEE (C) KATSUHIRO OTOMO / MASH・ROOM / SHORT PEACE COMMITTEE

〜boidセレクション〜
■天国の門 デジタル完全修復版
1980-2012・アメリカ/216/DCP 提供:boid

タイムテーブル ※各回入れ替え制
12/26(木)
17:00『AKIRA』
19:40『ショート・ピース』

12/27(金)
12:20『天国の門』
17:00『ショート・ピース』
18:50『AKIRA』

料金
『ショート・ピース』、『AKIRA』一般1500円、学生1300円、シニア1000円
『天国の門』一般2000円、学生・シニア1500円

 

◆大友克洋×河村康輔コラージュ展◆

大友克洋提供による複製原画を河村康輔がコラージュした作品と、大友克洋映画作品ポスターを展示します

場所 神戸アートビレッジセンター シアターロビー
作品 ポスター、コラージュ作品(河村康輔、上杉季明)
期間:12月26日(木)&27日(金)
※期間中ご来場の方に抽選で、河村康輔コラージュ作品の複製をプレゼント!


12/26(木)&27(金)

なし

『ショート・ピース』、『AKIRA』一般1500円、学生1300円、シニア1000円 『天国の門』一般2000円、学生・シニア1500円

なし

お知らせメール機能

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください