割引制度

お知らせメール機能

ドイツ表現主義時代の代表作「カリガリ博士」×森俊之 即興生演奏ライブ

えいがのみかた#20「GAKURYU ISHII PRESENTS!! 月夜のシネマトークvol.2」

昨年好評を得た、石井岳龍監督のフィルムトークイベント第2弾が開催決定!

今回は趣向を新たに、椎名林檎、宇多田ヒカルなどのプロデュースに携わり、日本のみならず、世界中で活躍するピアニスト&キーボーディスト・森俊之を迎え、ドイツ表現主義時代の最高傑作と言われながらも、近年見る機会の少ないサイレント映画「カリガリ博士」を、新たな解釈で即興ピアノ生演奏するスペシャル企画でお送りします。もちろん、前回同様、16mmフィルムの考察トークも!

「最高の音楽家である森さんと映画のコラボをしたい!!」と切望していた石井監督の想いが、ついに神戸・塩屋にある築100年の洋館・旧グッゲンハイム邸で初めて奇跡の実現!

この機会をお見逃しなく!!

★参考上映★
資料として、ポータブル映写機による16mmフィルム映画の参考上映を予定しています。フィルムならではのアナログ感をお楽しみください。(協力:神戸芸術工科大学、神戸映画資料館)

上映作品:「カリガリ博士」監督:ロベルト・ヴィーネ
(1919年/ドイツ/サイレント/16mm/英語字幕)

※日本語字幕なし。
※プリントの状態により、フィルムにキズなどがあり見えづらい箇所があります。あらかじめご了承ください。

★出演者★

森 俊之
1964年12月4日生まれ、大阪府出身。
関西アンダーグラウンド音楽界における数々の活動(Kaja & Jammin、Audio Sports、竹村延和、恩田アキ・・など)を経て、1987年に活動の場を東京に。ピアニスト、キーボード・プレイヤー、サウンド・プロデューサー、作編曲家として、現在に至るまで数々のアーティストと共演する。
スガシカオ、山崎まさよし、キリンジ、井上陽水&奥田民生、オリジナルラブ、角松敏生、Sing Like Talking、宮沢和史、Theatre Brook、椎名林檎、宇多田ヒカル、大貫妙子、吉田美奈子、中島美嘉、bird・・など、あらゆるアーティストのサウンド・プロダクションに携わる。
世界的ドラマーであるスティーブ・ガッドとの共演、スティーブ・フェローン(Dr)ディーン・パークス(Gt)ポール・ジャクソンJr(Gt)ジミー・ジョンソン(Ba)ジェリー・ヘイ(Tp)等との海外レコーディング経験を持つ。また、エディM(Sax)スティーブ・バクスター(Tb)レイモンド・マッキンレー(Ba)ジュブ・スミス(Gt)沼澤尚(Dr)森俊之(Key)からなる「Nothing But The Funk」に参加。全国ブルーノート & ビルボード・ツアーを敢行。
現在、沼澤尚とのエレクトロ・ジャム・ユニット「Deep Cover」、佐藤タイジ(Theatre Brook)とのコラボ・ユニット「The Sun Paulo」、松原秀樹(Ba)田中義人(Gt)玉田豊夢(Dr)森俊之(Key)からなるジャズ・ファンク・バンド「C.C.King」のキーボーディストとして活動するかたわら、勝井祐二(Rovo)ナスノミツル等との即興ジャム・セッションなど、その活動は多岐にわたる。
ジャンルやスタイルを飛び超えた音楽性、音響系トラック・メイキングからフル・オーケストラのスコア・ライティングまで、その振り幅の広さと柔軟な姿勢、際立つサウンド・キャラクターに定評がある。


石井岳龍:
1957年福岡県出身。
1976年日本大学芸術学部入学直後、8mm映画ビュー作『高校大パニック』を撮り、熱狂的な支持層を得る。大学卒業制作の80年『狂い咲きサンダーロード』でジャパニーズ・ニューウェイブの急先鋒となる。
カルト作82年『爆裂都市Burst City』の後、84年の『逆噴射家族』は海外でも高い評価を受ける。
その後はジャパニーズパンク・ニューウェーブシーンと共闘した数々の音楽ビデオや実験的短編映画製作に打ち込み、94年の『エンジェル・ダスト』で再び長編映画製作にカムバック。
『水の中の八月』(95)、『ユメノ銀河』、21世紀に入ってからは新型時代劇大作『五条霊戦記』(00)、ジャンルの超越を計ったハイパーな前衛的娯楽 『ELECTRIC DRAGON 80000V』(01)、『DEAD END RUN』(02)ののち、『鏡心(完全版)』(05)では製作・撮影を兼ねたデジタルベースの個人映画で全国上映ツアー。
2006年より神戸芸術工科大学で映画創作の実習授業を始める。
2010年、石井岳龍に改名。
2014年2月7日、劇場最新長編作品「シャニダールの花」ブルーレイ&DVD発売!!

カフェ出店:coboto bakery〈自家製酵母、自家製粉パン〉

★日時★
2014年3月1日(土) OPEN19:00 START19:30

★参加費★
1800円

※ 要予約
ご予約・お問い合わせ:
神戸アートビレッジセンター KAVCCINEMA
tel:078-512-5500
mail: eiga-no-mikata★kavccinema.jp(★マークを@にかえてください)
※ ご予約の際はメールまたはお電話にて、お名前・ご連絡先・参加希望人数をお知らせください。
メールの場合、返信をもって予約完了とさせていただきます。

★会場★
旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)

主催:神戸アートビレッジセンターKAVC CINEMA

共催:塩屋音楽会

協力:神戸芸術工科大学、神戸映画資料館


2014年3月1日(土)19:30〜(open19:00)
旧グッゲンハイム邸

1800円