割引制度

お知らせメール機能

初心者でも簡単!スマホでアニメーションをつくろう2

えいがのみかた#27「はしれ!うりぼーコマ撮りアニメワークショップ」

アニメーション制作チーム“ソバットシアター”の造形スタッフである、松尾憲樹さんと細井浩和さんによる、
初めての方でも楽しめる、コマ撮りアニメーション体験ワークショップの第二弾!

今回は、スマートフォン専用アプリを使って、自分でつくるオリジナル“うりぼー”が、
かわいく走る数秒程度のアニメーションを制作しましょう。

うりぼーの形作りから、彩色、アニメーション撮影まで、1日で完成させます!

サンプル動画はこちらからどうそ!

★講師★
ソバットシアター 造形技術

松尾 憲樹:
1975年生まれ 長崎県出身
京都精華大学VCD卒
大学卒業と同時に関西の造形会社に勤務し、
FRP素材を扱った、キャラクターやオブジェの制作技術を身につける。
ソバットシアター結成以前から、監督の中田と共に自主制作映像を作り始め、
その後の作品における全てのメインキャラクターの造形を手がけている。

細井 浩和:
1975年生まれ 大阪府出身
京都精華大学人文学部卒業後5年間、大手テーマパークのデコレーションメンテナンスで様々な素材の加工及び、塗装技術を習得する。
作品においては主に、金属、木工、FRPを扱う作業を担い、撮影時には中田と共に
キャラクターアーマチュアを動かす。
2014年からは、松尾と共同でワークショップを行ない、現在次回作を制作中。

*ソバットシアターとは*
アニメーション作家の中田秀人と造形技術メンバーによる自主制作チーム。
パペットを用いたストップモーションアニメーションを制作し、多数の上映会や展覧会・イベントに参加。
2000年に発表した短編アニメーション作品『オートマミー』が国内の映画祭において受賞し、
ニューヨーク国際短編映画祭、釜山アジア短編映画祭など海外の映画祭に参加。
2002年には京都市芸術文化特別奨励者に選ばれ、翌年に五島記念文化賞美術新人賞を受賞。
2009年に中編アニメーション『電信柱エレミの恋』を発表し、SKIPCITY国際映画祭において<観客人気投票1位>を獲得。
東京都写真美術館でロードショー上映を行い、2010年に文化庁メディア芸術祭<アニメーション部門優秀賞>に続き、日本において最も歴史と権威のあるアニメーション賞と評される毎日映画コンクール大藤信郎賞を受賞した。
現在、次回作となるアニメーション作品を制作活動中。

★持ち物★
よごれても良い服装
筆記用具
スマートフォン(タブレット不可)
※使用するアプリケーションは、事前にダウンロードしていただいても結構です。
iphone用アプリ:ストップモーションスタジオ(互換性 iOS 7.0以降/サイズ 34.7MB)
アンドロイド用アプリ:コマ撮り!Lite(動作条件 Android2.3以上/サイズ 2.3MB)
アクリル絵の具は用意してありますが、それ以外で色を塗る道具の持参可。

★日時★
2014年11月30日(日)13:00~17:30ごろ※途中休憩あります

★定員★
10名

★対象年齢★
中学生以上

★参加費★
2300円(材料費込み)

※ 要予約
ご予約の際はメールまたはお電話にて、
お名前・ご年齢・性別・ご連絡先・参加希望人数・ご持参いただける端末の種類(例:iPhone4S、アンドロイドなど)
をお知らせください。

メールの場合、返信をもって予約完了とさせていただきます。

★ご予約・会場・お問い合わせ★
神戸アートビレッジセンター KAVCCINEMAえいがのみかた
神戸市兵庫区新開地5-3-14
TEL:078-512-5500
mail: eiga-no-mikata★kavccinema.jp(★マークを@にかえてください)


2014年11月30日(日)13:00〜1F 1room

2300円(材料費込み)