割引制度

お知らせメール機能

映画にまつわるお金の、ぶっちゃけトーク開催!

えいがのみかた#28「映画とお金のはなし〜クラウドファンディングってどうよ?!」

クラウドファンディングってご存知ですか?

昨今の映画業界では、映画製作、宣伝・配給、イベントの資金を募るとき、このクラウドファンディングを活用する事例が多くなってきました。

今回のえいがのみかたは、映画監督・プロデューサーの土屋豊さんをお迎えし、“映画”のどこにどれだけ資金が必要なのかや、インディペンデント映画の内情、クラウドファンディングの実情など、
映画製作者も、そうでないひとも聞いてなるほど!な、トークイベントを開催します。


★ゲスト★
土屋 豊(映画監督・プロデューサー)
1966年生まれ。1990年頃からビデオアート作品の制作を開始する。
同時期にインディペンデント・メディアを使って社会変革を試みるメディア・アクティビズムに関わり始める。
1999年、異色の長編ドキュメンタリー『新しい神様』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で国際批評家連盟賞特別賞を受賞。
劇場公開でもロングランを記録。
2003年、長編フィクション『PEEP “TV” SHOW』がロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞、モントリオール国際ニューシネマ映画祭で最優秀長編映画賞、ハワイ国際映画祭でNETPAC特別賞を受賞するなどし、海外でも劇場公開され、国際的な注目を集めた。
2012年、最新作の『タリウム少女の毒殺日記』が東京国際映画祭で「日本映画・ある視点」作品賞を受賞。
また、2007年には『遭難フリーター』(監督:岩淵弘樹)、2013年には『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(監督:太田信吾)のプロデュースも手がけた。
ビデオアクト・主宰/独立映画鍋・共同代表

★日時★
2015年1月10日(土)17:00〜(open16:50)

★参加費★
500円(お茶、映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」観賞割引券つき)

※ 要予約
ご予約の際はメールまたはお電話にて、
お名前・ご連絡先・参加希望人数
をお知らせください。
メールの場合、返信をもって予約完了とさせていただきます。

★ご予約・会場・お問い合わせ★
神戸アートビレッジセンター KAVCCINEMAえいがのみかた
神戸市兵庫区新開地5-3-14
TEL:078-512-5500
mail: eiga-no-mikata★kavccinema.jp(★マークを@にかえてください)


2015年1月10日(土)17:00〜3F 会議室1

500円(お茶、映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」鑑賞割引券つき)